2005年07月01日

[ プロジェクトマネージャ試験/雑談 ]

最近の状況

会社イベント,祝い事で呑む機会が多く進捗が芳しくない。。。

いつも23時半以降,勉強していたのを朝に変更した。
ひとりサマータイムをやっているw

5:30に起床し,新聞に目を通し軽く活字に慣れさせて,午後Iを1問。
その後,日課の示現塾の午前問題を4問。

会社の昼休みは,打合せが食い込むことが多く,食事をとる時間しかない事も多い。。。
そろそろ,論文を書き始めたいと思う。。今日この頃。

Posted by g@kko at 2005/07/01 | 個別記事表示 | コメントを見る (2) | トラックバック (0) |
この記事のトラックバックURL:

2005年04月21日

[ プロジェクトマネージャ試験/雑談 ]

マンダラート

元ネタ記事
プロジェクトマネージャー養成マガジン > マンダラってどうよ!?

そういえばそんな名前の思考法があったなと。。。
自分は,KJ法ライクな方が慣れているんで。。。
(⇒付箋紙にとにかくメモ書きして,分類するみたいな感じ。)

マンダラートを紹介したいワケではなく,メモっときたいのはこっち↓

Mandal-Art for Windows
アイデアが煮詰まった時に,様々な角度から質問を投げかける機能もある

それは何の役に立つのか?
それを通して得られるものは何か?
それによって変わる事は何か?
そのために今できる事は何か?
それによりどんな気持ちになるか?
それが好きな理由は何か?
それが成功する理由は何か?
それをやりたい理由は何か?
もっと具体的に言えば?
具体的には何をするのか?
それと関連するものは何か?
それから連想される事は何か?
その方法は?

「様々な角度から質問」午後I に通ずるモノがある。
こういったこ事を考えながら問題文を読まないとね。

関連リンク
 http://www.mandal-art.com/
 日経IT21 - こんなに役立つ発想支援ソフト 図で考えて「仕事力」をつけよう!

2005年04月20日

[ プロジェクトマネージャ試験/雑談 ]

一言居士の直感だけの発言

【元ネタ記事】
 プロジェクトマネジメントにちょっと役立つ話 - マルチタスク(その3)

プロジェクトでは、アマの一言居士の、直感だけでの発言には惑わされないことである。
ITのIの意味すら知らない利用者の一言居士の,直感だけの発言にプロジェクトが惑わされることがある。

利用者はお客さまなので素直に聞くしかない。
聞くのは本当に聞くだけで,聞き流すかもしれないがw

 ・その場で否定しない。
 ・恥をかかせない。
 ・立場を守ってあげる。
 ・自尊心を傷つけない。

思わず技術でそのまま反論したいのをガマンしなければならない。
自分が正しくても,相手が同じ社内の人間でもしてはならない。

それが,円滑に進める方法なのだ。

じゃぁどうするのか。
後でこっそり,フォローをしてあげる。自尊心を傷つけないように。

運営に影響がない範囲だったら,質問返しをする(こっちはちょっと意地悪w

2005年04月18日

[ プロジェクトマネージャ試験/雑談 ]

コンセプトをパクるw

05/04/11 プロジェクトマネージャー養成マガジンより

日本では奥の深い分野に「形から入る」という考え方がある。「手本」を真似て、「形」から入り、何度も形を繰り返しているうちに、「道」が見えてくるという「求道」の考え方だ。
PMBOKとは形であり、手本である。これを何度もなぞっていくうちに、自分の歩むべき「プロジェクトマネジメント道」が見えてくるのではないかという発想の試みだ。

ブログコンセプト(案)
 「解答例」を真似て、「形」から入り、何度も形を繰り返しているうちに、「自分の解答(考え)」が見えてくるという「求道」の考え方だ。
 『過去問と解答例』とは形であり、手本である。これを何度もなぞっていくうちに、自分の歩むべき「道」が見えてくるのではないかという発想の試みだ。