( すべて |  1  |  2  |  3 ) 次へ

2005年07月09日

[ プロジェクトマネージャ試験/セキュリティと標準化, 誤答管理 ]

示現塾 2005年07月09日(土) 本格版 412号 第4問

示現塾 2005年07月09日(土) 本格版 412号

第4問 セキュリティと標準化(AN,PM,AE,NW,SS,SD向け)
分野-6-2-3/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SD16-30

商品に印刷するコードに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 2次元コードの代表例として,ITFコードがある。
イ JANコードには,チェックディジットが含まれている。
ウ PLU(Price Look Up)とは,バーコードの中に価格情報を含む方式である。
エ バーコードは英字の表現ができず,数字を表現するものである。

Posted by g@kko at 2005/07/09 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) | トラックバック (0) |
この記事のトラックバックURL:

2005年06月30日

[ プロジェクトマネージャ試験/情報化と経営, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号 第5問

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号

第5問 情報化と経営(AN,PM,AE,SS,SD向け)
分野-7-4-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:AU13-29

企業間ネットワークで利用されているEDIに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

ア EDIにおける当事者間の取決めには,情報伝達規約,情報表現規約,情報運用規約,情報基本規約の四つがある。
イ EDIの一つとして,注文書をファクシミリで受け付け,OCR変換することによって入力処理を効率化する形態がある。
ウ EDIの標準化は,全国銀行協会連合会が中心となって進めており,その他の業界を統合する活動を展開している。
エ EDIの利点は,発注済みデータの修正が容易に行えるので,余剰在庫の減少,在庫コストの削減が可能になることである。

2005年06月29日

[ プロジェクトマネージャ試験/情報化と経営, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月29日(水) 本格版 402号 第5問

示現塾 2005年06月29日(水) 本格版 402号

第5問 情報化と経営(AN,PM,AE,SS,SD向け)
分野-7-4-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM16-47

ある会社の生産計画部では,毎月25日に次の手続で翌月の計画生産量を決定している。8月分の計画生産量を求める式はどれか。

〔手続〕
(1)当月末の予想在庫量を,前月末の実在庫量と当月の計画生産量と予想販売量から求める。
(2)当月末の予想在庫量と,翌月分の予想販売量から,翌月末の予想在庫量が翌々月から3か月間の予想販売量と等しくなるように翌月の計画生産量を決定する。

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-06-29-5.htm

[ プロジェクトマネージャ試験/セキュリティと標準化, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月29日(水) 本格版 402号 第4問

示現塾 2005年06月29日(水) 本格版 402号

第4問 セキュリティと標準化(AN,PM,AE,NW,SS,SD向け)
分野-6-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:AU14-10

情報システムの企画,開発,運用,保守作業にかかわる国際標準の一つであるSPA(Software Process Assessment)の説明として,適切なものはどれか。

ア ソフトウェアライフサイクルを主プロセス,支援プロセス,組識プロセスの三つのプロセス群に分け,作業内容を定めている。
イ ソフトウェアプロセスがどの程度標準化,定量化され,継続的に改善されているかを判定することを目的とした,モデルと実施のためのガイドである。
ウ 品質保証に関する要求項目を体系的に規定した国際規格の一部である。
エ プロジェクトマネジメントの知識体系と応用のためのガイドである。

2005年06月28日

[ プロジェクトマネージャ試験/システムの開発と運用, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月28日(火) 本格版 401号 第2問

示現塾 2005年06月28日(火) 本格版 401号

第2問 システムの開発と運用(AN,PM,AE,NW,SD向け)
分野-3-1-4/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW15-23

コンカレント開発に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア コデザインでは,ハードウェア,ソフトウェア両方の設計完了後に,相互のインタフェース設計を行う。
イ コベリフィケーションでは,ハードウェアは実機が必要であるが,ソフトウェアは開発途中であってもよい。
ウ コベリフィケーションを行うには,ハードウェアとソフトウェアの両方が完成している必要がある。
エ ハードウェアとソフトウェアの機能分担やインタフェースを開発の早期に確認するために,コデザインを行う。

2005年06月27日

[ プロジェクトマネージャ試験/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月27日(月) 本格版 400号 第1問

示現塾 2005年06月27日(月) 本格版 400号

第1問 コンピュータシステム(AN,PM,AE,NW,SS,SD向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SW16-24

ぺージング方式の仮想記憶において,ぺージテーブルから得られる情報はどれか。

ア そのコンピュータに実装されている主記億の容量
イ プログラムが割り付けられている仮想アドレス
ウ ページが主記憶にロードされた時刻
エ ページが割り付けられている主記億の実アドレス

2005年06月26日

[ プロジェクトマネージャ試験/H15午前, 情報化と経営, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月26日(日) 本格版 399号 第5問

示現塾 2005年06月26日(日) 本格版 399号

第5問 情報化と経営(AN,PM,AE,SS,SD向け)
分野-7-4-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM15-46

定期発注方式に関する記述として,適切なものはどれか。

ア ABC分析の結果のB品目やC品目に向いた発注方式である。
イ 具体的な在庫管理方式として,ダブルビン法や三棚法がある。
ウ 正確な需要予測が要求され,発注量の計算が複雑になる。
エ 発注点や安全在庫などの基準を適切に決める必要がある。

2005年06月23日

[ プロジェクトマネージャ試験/H16午前, 情報化と経営, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月23日(木) 本格版 396号 第5問

示現塾 2005年06月23日(木) 本格版 396号

第5問 情報化と経営(AN,PM,AE,SS,SD向け)
分野-7-3-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM16-46

最低限,必要とするスキルの量が,スキルaは80単位,bは40単位,cは20単位である。このとき,必要とするスキルを取得するために経験すべき作業時間は,最低何時間か。表は,例えば作業Sを1時間経験すると,スキルaが5単位,bが5単位,cが1単位得られることを示している。

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-06-23-5.htm

[ プロジェクトマネージャ試験/コンピュータシステム, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月23日(木) 本格版 396号 第1問

示現塾 2005年06月23日(木) 本格版 396号

第1問 コンピュータシステム(AN,PM,AE,NW,SS,SD向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB16-05

表に示した特徴をもつ,OSの記憶管理機能a~cに対応する適切な組合せはどれか。

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-06-23-1.htm

2005年06月20日

[ プロジェクトマネージャ試験/情報化と経営, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月20日(月) 本格版 393号 第5問

示現塾 2005年06月20日(月) 本格版 393号

第5問 情報化と経営(AN,PM,AE,SS,SD向け)
分野-7-3-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:AU14-28

管理図に関する記述のうち,pn 管理図の説明として適切なものはどれか。

ア 欠点数を管理する。      
イ 単位当たりの欠陥数を管理する。
ウ 不適合品数を管理する。    
エ 不適合品率を管理する。

2005年06月15日

[ プロジェクトマネージャ試験/システムの開発と運用, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月15日(水) 本格版 388号 第2問

示現塾 2005年06月15日(水) 本格版 388号

第2問 システムの開発と運用(AN,PM,AE,NW,SD向け)
分野-3-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-46

DTD(Document Type Definition)の用途の説明として,適切なものはどれか。

ア 構文解析を行う。
イ 構文規則を満たしているかどうかを調べる。
ウ 妥当なXML文書であるかどうかを判定する。
エ データの内容のデータ型に対する制約を記述する。

( すべて |  1  |  2  |  3 ) 次へ