2005年06月30日

[ プロジェクトマネージャ試験/試験対策本 ]

試験対策本(2005)

05/06/30時点で確認している試験対策本。

【教科書】
情報処理教科書プロジェクトマネージャ2005年度版(翔泳社)
プロジェクトマネージャ完全教本 2005年版(日本経済新聞社)
プロジェクトマネージャ合格完全対策―最も効果の上がる「チャート&ポイント式」 (経林書房)
プロジェクトマネージャ合格への道 (2005年版)(同友館)
プロジェクトマネージャ試験完全研究(オーム社)
プロジェクトマネージャ「専門知識+記述式問題」重点対策(2005) (アイテック)

【問題集】
プロジェクトマネージャ過去問題&分析―午後I/午後II(経林書房)
プロジェクトマネージャ予想問題集 2005(アイテック)
徹底解説プロジェクトマネージャ本試験問題 2005(アイテック)
(午前用)
高度情報処理秋期3科目〈SAN・PM・AE〉共通午前問題過去問題&分析(経林書房)
よく出るよく分かるAN・PM・AE共通午前問題集(日本経済新聞社出版局)
情報処理教科書AN・PM・AE共通午前(翔泳社)
「午前」に出る情報技術―全種別対応(アイテック)
合格精選400題 プロジェクトマネージャ試験問題集(東京電機大学出版局)
AN・PM・AE共通午前試験実戦問題 なるほどナットク!(オーム社)
高度午前レベル別。問題集―厳選エクササイズ(リックテレコム)

【論文対策】
プロジェクトマネージャ合格論文集(リックテレコム)
プロジェクトマネージャ午後I・II 論述の達人(技術評論社)

Posted by g@kko at 2005/06/30 | 個別記事表示 |
[ プロジェクトマネージャ試験/情報化と経営, 誤答管理 ]

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号 第5問

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号

第5問 情報化と経営(AN,PM,AE,SS,SD向け)
分野-7-4-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:AU13-29

企業間ネットワークで利用されているEDIに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

ア EDIにおける当事者間の取決めには,情報伝達規約,情報表現規約,情報運用規約,情報基本規約の四つがある。
イ EDIの一つとして,注文書をファクシミリで受け付け,OCR変換することによって入力処理を効率化する形態がある。
ウ EDIの標準化は,全国銀行協会連合会が中心となって進めており,その他の業界を統合する活動を展開している。
エ EDIの利点は,発注済みデータの修正が容易に行えるので,余剰在庫の減少,在庫コストの削減が可能になることである。

[ プロジェクトマネージャ試験/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号 第4問

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号

第4問 セキュリティと標準化(AN,PM,AE,NW,SS,SD向け)
分野-6-2-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS16-34

JIS Q 9001(ISO9001:2000)を適用して,ソフトウェアの品質マネジメントシステムを構築する。その方針を示した次の文章中の ( a ) ~ ( d ) に当てはまる組合せはどれか。

 トップマネジメントは,( a ) に基づいた製品の品質保証に加えて顧客の満足度の向上を目指し,( b ) を組織全体のパフォーマンスと効率との継続的な改善の手引として ( c ) を確立・実行・維持し,プロセスの改善を推進する。また,( c ) に基づいてコスト,納期,安全,環境などの経営要素の維持向上と併せて( d ) を推進する。

a b c d

ア   JIS Q 9001   JIS Q 9004   QMS    TQM

イ   JIS Q 9001   JIS Q 9004   TQM    QMS

ウ   JIS Q 9004   JIS Q 9001   QMS    TQM

エ   JIS Q 9004   JIS Q 9001   TQM    QMS

注 QMS(Quality Management System),TQM(Total Quality Management)

[ プロジェクトマネージャ試験/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号 第2問

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号

第2問 システムの開発と運用(AN,PM,AE,NW,SD向け)
分野-3-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW16-54

新システムのモデル化を行う場合の,DFD 作成の手順として適切なものはどれか。

ア 現物理モデル → 現論理モデル → 新物理モデル → 新論理モデル
イ 現物理モデル → 現論理モデル → 新論理モデル → 新物理モデル
ウ 現論理モデル → 現物理モデル → 新物理モデル → 新論理モデル
エ 現論理モデル → 現物理モデル → 新論理モデル → 新物理モデル

[ プロジェクトマネージャ試験/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号 第1問

示現塾 2005年06月30日(木) 本格版 403号

第1問 コンピュータシステム(AN,PM,AE,NW,SS,SD向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:NW14-03

仮想記憶システムにおいて,ページ置換えアルゴリズムとして FIFO を採用して,仮想ページ参照列 1,4,2,4,1,3 を 3 ページ枠の実記憶に割り当てて処理を行った。仮想ページ参照列をすべて参照した直後の実記憶の状態を示す図はどれか。ここで,図は仮想ページ参照列中の最初の 1,4,2 を実記憶に割り当てた時点の仮想ページ割当ての各ステップを表している。

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-06-30-1.htm